ゴムのはんこ

印鑑私達はいろいろな用途で印鑑を使用します。用途によっては、安易なモノでもいい場合はあるかもしれません。しかし、そうでない場合もあります。もっと私達は、印鑑という存在を真剣に見つめていく必要があります。まず、100円ショップでも安易に購入することが出来る、ゴム素材の印鑑があります。それも立派な印鑑と思っている人たちは多くいます。果たして立派とまでいうことが出来るのでしょうか。

印鑑を押してくださいと言われ、慌てて印鑑を押そうとしたら、「シャチハタは駄目です。朱肉を使って押す印鑑をお願いします」と言われることもあります。それは、「浸透印」と言われるものです。それでも印鑑といえば印鑑なのですが。

シャチハタの素材は、ゴムです。文字はゴムに彫られていて、朱肉を使わない代わり、印鑑の内部に詰めたインクが少しずつにじみ出るような仕組みになっています。印鑑の素材に、ゴムというのは理想的ではありません。ゴムという柔らかい素材を使用しているため、劣化しやすいですし、ゴムが傷付いて印影が変化する確率も高いです。力を入れて押すと、柔らかいゴムがそのたびに変形してしまうことになります。安易なシーンにおいて、シャチハタは大変便利に使用されるものの、自治体ではんこを登録する場合においても、このゴム製のものや合成樹脂などの変形しやすい印鑑は登録することが出来ません。

それは印鑑のように見えて印鑑ではなしということでしょうか。しかし、そのようなものに対して、認め印など用途があるから全然問題はないのです。更に続けます。